携帯モドキ表示に変更
水について
===English===

【概 要】

<天然水・ミネラルウォーター>
 一般に硬度が大きいとミネラルが多いとされております。
 硬度はカルシウムとマグネシウムなどが含まれる量を数値化したものだからです。
 硬度が大きいと飲み難いともいわれます。日本には軟水が多く、そこで生活している人々には軟水ほど適しているといわれます。よって、硬度が小さくミネラルが豊富な水は理想的ともいえます。
 水の分子であるクラスタが小さいほど浸透率がよく、吸収もよいとされます。
よって、クラスタの小さい水ほど理想的といえます。
さらにそれらが人工水ではなく、天然水であれば理想的といえるでしょう。
よい天然水はさまざまな分野・方向への利用や応用が可能とされます。

<水素>
 水素は常温・自然界では中々捕まえにくく、ましてや人々が取り入れ難いものでもあります。
 少ない方法のひとつに、その水素を水の中に多く含め、そのまま体内に取り入れる方法が考えられます。その際には、水素を溶存・保持することとなり、水素を注入しても保持力が必要になります。
 つまりは、より多くの水素を溶存しているか否かは製造時でなく、溶存後の時間経過による溶存率を見極める必要があるといえます。
 よって、溶存水素や酸化還元電位などの数値は、製造時でなく製造後の時間経過で判断することをお奨めいたしますが、計測器がある環境でないのが普通で、皆判断し難いことでしょう。
 お飲み比べていただくか、その点を信じてお飲みいただくことしかありません。
 なお、水素の溶存については自然変化では成し得ないとされ人工的製造しかなく、それには元になる水が重要であり、またその上でノウハウも必要とされます。
 人工製造というとおおげさになり有害性をも感じさせますが、水素と天然水のみなのでシンプルで安心です。

→『水まろ』
→『水まろ源水』
→『水問屋』

友達に紹介